会長のご挨拶

ホーム  »  技師会について  »  会長のご挨拶

神奈川消化器内視鏡技師会 会長 荻野 和広

 この度は神奈川消化器内視鏡技師会のホームページをご覧いただき誠に有難うございます。2021年4月より神奈川消化器内視鏡技師会会長に就任させていただきました、荻野 和広と申します。
 私はこれまで藤森 弘樹前会長の下、神奈川消化器内視鏡技師会役員として事務局や副会長職を担い運営業務に携わってきました。今後は藤森 弘樹前会長の意志を引き継ぎつつ、より時代に合わせた神奈川消化器内視鏡技師会を皆で作り上げ、発展させていきたいと考えております。お力添え、何卒よろしくお願い致します。

 2021年度の活動に関しましては、コロナ禍により順延しております神奈川消化器内視鏡技師研究会の2022年春の再開に向け運営構築していく次第であります。新型コロナウイルス感染症が流行し一年が過ぎましたが、まだまだ終息の兆しは見えない状況です。そんな中、Webの利用や入場制限等の感染対策を行い、新しい生活様式に合わせた学会も徐々に開催されるようになりました。当技師会も医療従事者が集まる会としてより安全・安心に開催できるよう模索しながら一歩ずつ進んで行きたいと考えております。

 2022年春、新しい神奈川消化器内視鏡技師研究会に是非ご参加頂ければ幸いです。

 皆様のいっそうのご自愛を心よりお祈り申し上げます。

ページの先頭へ