会長のご挨拶

ホーム  »  技師会について  »  会長のご挨拶

神奈川消化器内視鏡技師会 会長 藤森弘樹

 この度は神奈川消化器内視鏡技師会のホームページをご覧いただき誠に有難うございます。神奈川消化器内視鏡技師会は日本消化器内視鏡技師会、関東消化器内視鏡技師会の下部組織であります。日本消化器内視鏡技師会が法人であるのに対し、神奈川消化器内視鏡技師会は神奈川県内に勤務する内視鏡技師の有志で役員が構成される任意団体です。なにゆえ下部組織で年会費の徴収というシステムもありませんので予算も規模も小さく、運営に苦慮しております。しかし、演者・講師・司会者が神奈川県に縁のある方で占めておりますので、皆様に一番身近な技師会であると思っております。また、学会特有の物々しい雰囲気もなく気軽に参加できるのが当会の特徴であります。皆様には定期的に機器取扱い講習会、研究会にご参加いただき、神奈川消化器内視鏡技師会を支えていただければ幸いにございます。勿論、県外の方も歓迎しております。多くの皆様のご参加をお待ち申し上げます。
 神奈川消化器内視鏡技師会は年2回の主催行事があります。一つは毎年2月開催される機器取扱い講習会(基礎編)、もう一つは毎年4月に開催される内視鏡技師研究会であります。機器取扱い講習会は2月末日の内視鏡技師資格の更新を行うための関東近県で開催される最後の講習会です。資格更新の際は是非ご利用下さい。研究会は、一般演題、特別講演、パネルディスカッションで構成され毎年旬な話題を提供しております。
 最後になりますが神奈川消化器内視鏡技師会が今後も発展するよう努めて参りたいと思います。今後とも何卒よろしくお願い致します。
ページの先頭へ